2006年2月11日 (土)

隆福丸

迷わず行けばいいさ きっと いつか 見える はずさ

君が輝いていれば 今も夢は近づいている

荷物を投げ出して 泥まみれになったって

時は過ぎてゆく自分が見えなくなってく

これは、HYの「隆福丸」という曲のサビの一節です。

最近では、この歌を聞くと、自分がこういう歌詞の気持ちを忘れているような感じがしてなりません。

今、自分は、輝いているだろうか?

輝くことが出来るように、これから努力することが大切だと思います。

良い曲です。これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

コブクロ 「NAMELESS WORLD」

コブクロのNEWアルバム、「NAMELESS WORLD」が発売されました。

曲目は、今年流行った曲、「ここにしか咲かない花」や「桜」などが収録されています。

  1. Flag
  2. 六等星  -NAMELESS STAR TRACK-
  3. ここにしか咲かない花
  4. 待夢磨心 -タイムマシン-
  5. Pierrot
  6. Saturday
  7. 大樹の影
  8. NOTE
  9. Starting Line
  10. LOVER'S SURF
  11. 同じ窓から見てた空

このアルバム、非常に良い。素晴らしい。お勧めです。

どの曲をシングルカットしてもいいくらい、捨て曲が一つもありません。

やはりコブクロの歌というのは、曲もいいですが、歌詞が良い。

私の部屋では、このアルバムが永遠とかかり続けています。

ちなみに私の好きな曲は、「桜」、「同じ窓から見てた空」、「ここにしか咲かない花」、「待夢磨心」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

コブクロ 「桜」

11月2日に、コブクロが「桜」という曲をリリースしました。今でもまだ、オリコンのデイリーランキングでは5位前後をうろうろしていて、なかなか売り上げも好調のようです。

コブクロのファンである私も、とてもうれしく思っています。

「桜」は、コブクロがインディーズ時代からずっと歌い続けていた曲で、コブクロの二人にとっても思い入れのある曲だそうです。

この曲はメロディーもすごくいいですが、何より歌詞が素晴らしい。全ての歌詞が素晴らしいですが、あえて一箇所を選ぶとすると、

人はみな心の岸辺に 手放したくない花がある それはたくましい花じゃなく 儚く揺れる一輪花 

花びらの数と同じだけ 生きていく強さを感じる 嵐吹く風に打たれても やまない雨は無いはずと

というところは、もう凄いというしかないです。メロディーも歌詞にあっていて、聴いていると泣けてきます。

聴いたことの無い人も、一回聞いてみてください。すごいから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)