« 謎は全て解けた | トップページ | WBCの意義 »

2006年3月 2日 (木)

トリノオリンピックの報道

トリノオリンピックも終わってしまいました。

日本は、金メダル1個という結果でした。

この結果をめぐって、テレビなどのメディアでは、選手のやる気が足りないだとか、選手のレベルが低いだとか、選手の選考基準が悪かったとか、強化を怠ったJOC、政府が悪いだとかいろいろ言われています。

私はそれに対して、少し疑問があります。

メダル1個という結果は、確かに私が思っていたよりも少ない数でした。

しかし、その結果の責任が、メディアがいうように、JOCや強化を怠った政府などにあるわけでは無いと思います。

その結果の責任は100%選手個人の責任です。

オリンピックに出る選手というのは、日本のトップの選手であり、オリンピックに出ることができるというだけですごい選手であるといえると思います。

オリンピックに出た選手は、自分なりに精一杯頑張っていたと思います。

その頑張った結果がどうだったであれ、トリノオリンピックに出ることができた選手は胸を張っていて良いと思います。

しかしメディアが、選手の選考が悪かっただの、強化の方法が悪かっただの、日本の選手が世界レベルで無いだのと、ぐだぐだ言うことによって、トリノオリンピックで頑張ってきた選手は、日本に帰って来にくくなると思います。

あげくの果てには、スポーツなどをまるで知らないであろう普通のニュースなどを解説しているおっさんが

「日本の選手には持久力がなかった」

「選手の鍛え方が悪い」

だのと、まるで「私はスポーツについてめっちゃ詳しいですよ」みたいな言い方をしているのに、ものすごく腹が立ちました。

そもそも、メダルが1個に終わった責任は選手本人の責任であり、それをメディアがぐだぐだと批判することによって、選手を傷つけることになると思います。

私は、スポーツをしている人をすごく尊敬しています。

自分の体を極限まで鍛え、いたわり、自分の人生全てをスポーツに捧げているスポーツ選手は、みていてかっこいいと思います。

スポーツを職業にしている人は、先の保障なんてどこにもありません。

もしかしたら怪我をしたりして、その競技を続けることが出来なくなったり、場合によっては日常生活が不便になったりすることもあります。

そういう、極限まで自分の体を鍛えている、スポーツ選手のことを、メディアが軽々しく叩くことなんて、私はしてほしくないです。

スポーツの選手というのは、尊敬されるべきものであり、それをメディアが先陣きって批判するということをしてはいけないと思います。

それもオリンピックに出るような選手を。

トリノオリンピックがメダル1個に終わったのは残念ですが、それでもいろいろな競技で、頑張る選手をテレビで見ていて、我々はいろいろなことを感じることが出来たはずです。

スポーツを見ていると、感動することができます。

メディアの方々には、もっとスポーツの感動を伝えていただきたいと、このオリンピックの報道を見て、思いました。

|

« 謎は全て解けた | トップページ | WBCの意義 »

コメント

本当に、同感です。誰が何をやっても、様々な批判や意見をもつ人はいると思います。ただ、それをどこでどのように出力するかによって、影響はかなりが変わってくると思います。
特に、メディアの影響力は強く、もっと責任もった報道、発言を心がけるべきだと常々思っています。
メダルばかり、結果ばかりが取り沙汰されるようですが、それでは、オリンピックの意味がありません・・・

投稿: なおみん | 2006年3月 6日 (月) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/766/889941

この記事へのトラックバック一覧です: トリノオリンピックの報道:

» なぜメダル不振になったのか? [タロットと癒しのセラピーで成長しました]
トリノオリンピックはなぜメダル不振と言われたのか?考察してみました。いろいろな説がありますが、その一つに資金不足による練習不足があるでしょう。スポーツとはいえ、貨幣経済が高度に発達した世の中ではお金の問題は残念ながら避けて通れないのです。それが問題....... [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 17時54分

« 謎は全て解けた | トップページ | WBCの意義 »