« 丼 | トップページ | 昆虫の歯 »

2006年1月26日 (木)

魅力的な日本語2

翻訳機にかけちゃいましたシリーズその2です。

When you walk through a storm
Hold your head up high
And don't be afraid of the dark.
At the end of the storm
There's a golden sky
And the sweet, silver song of a lark.
Walk on through the wind
Walk on through the rain
Though your dreams be tossed and blown.
Walk on, walk on
with hope in your hearts
And you'll never walk alone
you'll never walk alone.

これは、サッカー欧州チャンピオンズリーグ、2005年度チャンピオン、リバプールの応援歌、サポーターソング、

「YOU'LL NEVER WORK ALONE」です。

歌詞カードに書いてある翻訳は次のとおりです。

嵐に出会った時は
しっかり前を向いて行こう
暗闇を恐れてはいけない
嵐の向こうには
青空が待っている
雲雀が優しく歌ってる
風の中を行こう
雨の中を行こう
たとえ夢破れようとも
歩こう 歩き続けよう
希望を胸に
そうさ 俺達は一人じゃない
俺達は一人じゃない

これまたいい歌詞ですね。素敵です。

この歌詞にある「雲雀」というのは、ヒバリという鳥のことです。この訳はなんでこんな難しい漢字をつかっているのでしょうか?麻雀で出てきそうな名前です。

それはともかく、リバプールのサポーターというのはとても熱狂的であることで有名で、この歌を歌うサポーターの声が、スタジアムに響き渡る様は、まさに圧巻です。

これをまた、翻訳機にかけちゃいました。

嵐によって歩く場合、
あなたの頭を高く上げて、
暗黒を恐れていない。
嵐の終わりに金色の空があります。
またヒバリの甘く銀の歌。
雨によって風歩行を通じて歩き続けます。
が、あなたの夢、トスされ吹かれる。
歩き続け、あなたの心の中の希望で歩き続けます。
また、あなたを単独で歩かせないでしょう、
単独で歩かないでしょう。

うーん。なかなか頑張って訳したなというのが、見て取れますね。

「雲雀」ではなくて、「ヒバリ」と訳したあたりは、こっちのほうがわかりやすいと思います。

ただ、「雨によって風歩行を通じて歩き続けます。」???

どうやって歩けばいいんだ!!!

あと最後のほう、歩き続けていいのか、歩かせてもらえないのか、どっちかわかりません。

はっきりしてほしいですね。

ついでに、この歌詞を中国語に翻訳してみました。

暴風雨歩行場合、你斗高
挙起、黑暗恐惧。
結束有暴風雨的金色的空中。
又云雀的甜的銀的歌。
雨通歩行随風歩行継続。
愕、你梦、作吹。
歩行継続,用你的心的中央的希望歩行継続。
又、你単独歩行、単独歩行。

うーん・・・・。なるほど。

(中国語は文字化けを避けるために少し変更しています)

|

« 丼 | トップページ | 昆虫の歯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/766/515231

この記事へのトラックバック一覧です: 魅力的な日本語2:

« 丼 | トップページ | 昆虫の歯 »