« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

ショック

友人に、「最近何かショックなことあった?」と聞かれました。

そう言われれば、最近、「嬉しい」とか「ショック」とか、そういう感情を出す機会が前に比べて減ったような気がします。

年をとってしまったのでしょうか?

でもそう言えば、この間ショックな出来事がありました。

コブクロのコンサートのチケットが取れなかった事です。

日曜日の10時きっちりから、チケットぴあに電話をかけまくったのに、チケットが取れませんでした。

去年(一昨年やったかな?)コブクロのコンサートに行ったときは、結構楽にチケットを取れたのに。

確かにこの1年くらいで、コブクロはとてもメジャーになりました。「ここにしか咲かない花」、「桜」などが売れて、紅白にも出ました。

コブクロが有名になったのは嬉しい反面、前のような「チョイ売れ」くらいの状態でずっとやっていって欲しかったなと実は少し思ったりします。

でも世の中に、これだけコブクロが好きな人が多くなったというのは、やっぱり嬉しいですね。

それにしても、電話受付開始5分で、「完売いたしました」と、機械の声で言われたときは、さすがに少し驚きました。

だれか関西か北陸でやるコブクロのツアーのチケット、ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

SUPER AGURI

最近、試験やら何やらで忙しく、昨日もブログの更新を忘れてしまいました。

話は変わりますが、今日、Yahoo!ニュースを見ると、嬉しいニュースが。

どうやら、F1のSUPER AGURIチームが、F1参戦を承認されたようです。

すごく嬉しいニュースです。

F1というスポーツは、すごくお金がかかるスポーツです。1年間で、何百億、何千億とお金がかかります。

そういうスポーツの世界にあえて飛び込んでいって、表彰台に日の丸の旗をあげようとしている亜久里さんはすごいと思います。尊敬します。

今から、開幕戦までにいいマシンを作り上げるのは非常に厳しいと思うので、おそらく最初のうちは、最下位を覚悟しなければいけないと思います。

でも亜久里さんなら、きっとやってくれるでしょう。

来年のF1からは、SUPER AGURI、大注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

昆虫の歯

実は、昆虫も、歯を持っているそうです。

それも半端な量ではない。

例えば、「蚊には歯が47ある。」そうです。

あんな小さいのに、人間と同じくらいの数の歯を持っているそうです。

蚊なんて血を吸うだけなのに、なぜ歯が必要なのでしょうね。

一つの歯の大きさはきっと、砂粒くらいでしょう。

もっとすごいやつもいます。

「カタツムリには、1列80本で150列、合計12000本もの歯がある。」

これはすごい。恐ろしいです。

12000本は、半端な量ではありません。単純計算で、人間300人分です。

葉っぱを食べるのに、そんなに歯が必要なのでしょうか?わかりません。

もしかしたらカタツムリも、12000本の歯のうち、10000本くらいは、「邪魔だ、いらない」と思っているかもしれません。

あとこれだけ歯があれば、少々の歯が虫歯になっても全然気になりません。

歯の半分が虫歯になっても、まだ6000本が残っています。

カタツムリを侮ってはいけません。

これから道でカタツムリを見つけたときは、捕まえて、口を無理やり開けさせて、中を観察してみてください。

人間の目に見えないくらいの小さい歯が、無数に並んでいることでしょう。

・・・カタツムリの口って、どこ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

魅力的な日本語2

翻訳機にかけちゃいましたシリーズその2です。

When you walk through a storm
Hold your head up high
And don't be afraid of the dark.
At the end of the storm
There's a golden sky
And the sweet, silver song of a lark.
Walk on through the wind
Walk on through the rain
Though your dreams be tossed and blown.
Walk on, walk on
with hope in your hearts
And you'll never walk alone
you'll never walk alone.

これは、サッカー欧州チャンピオンズリーグ、2005年度チャンピオン、リバプールの応援歌、サポーターソング、

「YOU'LL NEVER WORK ALONE」です。

歌詞カードに書いてある翻訳は次のとおりです。

嵐に出会った時は
しっかり前を向いて行こう
暗闇を恐れてはいけない
嵐の向こうには
青空が待っている
雲雀が優しく歌ってる
風の中を行こう
雨の中を行こう
たとえ夢破れようとも
歩こう 歩き続けよう
希望を胸に
そうさ 俺達は一人じゃない
俺達は一人じゃない

これまたいい歌詞ですね。素敵です。

この歌詞にある「雲雀」というのは、ヒバリという鳥のことです。この訳はなんでこんな難しい漢字をつかっているのでしょうか?麻雀で出てきそうな名前です。

それはともかく、リバプールのサポーターというのはとても熱狂的であることで有名で、この歌を歌うサポーターの声が、スタジアムに響き渡る様は、まさに圧巻です。

これをまた、翻訳機にかけちゃいました。

嵐によって歩く場合、
あなたの頭を高く上げて、
暗黒を恐れていない。
嵐の終わりに金色の空があります。
またヒバリの甘く銀の歌。
雨によって風歩行を通じて歩き続けます。
が、あなたの夢、トスされ吹かれる。
歩き続け、あなたの心の中の希望で歩き続けます。
また、あなたを単独で歩かせないでしょう、
単独で歩かないでしょう。

うーん。なかなか頑張って訳したなというのが、見て取れますね。

「雲雀」ではなくて、「ヒバリ」と訳したあたりは、こっちのほうがわかりやすいと思います。

ただ、「雨によって風歩行を通じて歩き続けます。」???

どうやって歩けばいいんだ!!!

あと最後のほう、歩き続けていいのか、歩かせてもらえないのか、どっちかわかりません。

はっきりしてほしいですね。

ついでに、この歌詞を中国語に翻訳してみました。

暴風雨歩行場合、你斗高
挙起、黑暗恐惧。
結束有暴風雨的金色的空中。
又云雀的甜的銀的歌。
雨通歩行随風歩行継続。
愕、你梦、作吹。
歩行継続,用你的心的中央的希望歩行継続。
又、你単独歩行、単独歩行。

うーん・・・・。なるほど。

(中国語は文字化けを避けるために少し変更しています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

今日の昼、生協でお弁当を買いました。

生協の弁当は、紙パックで出来ており、弁当の中身が見えないようになっています。

私は、「牛丼」弁当を買いました。

確かにその弁当には、「牛丼」と書いてありました。

しかし、弁当を開けてみると、牛丼の割には、非常に大きな肉が入っていました。

そして何かのサービスなのか、その肉には衣がついていました。

そしてさらに何かのサービスなのか、卵がかけられていました。

・・・明らかに、「カツ丼」でした。

おいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

駒ケ岳という名前の山

「駒ヶ岳という名前の山は日本全国で17ある。」そうです。

すごいですね。

しかし、ここで一つ、疑問が浮かびます。

駒ケ岳という名前をつけた人は、なぜ違う名前をつけなかったのでしょうか?

こんなにあるのだから、他にも同じ名前の山があることくらい、名前をつけた人は知っていたはずです。

しかも、駒ケ岳という名前にも、そんなに魅力を感じないし。

なぜなのでしょうか。

駒ケ岳という名前にすると、誰かからなにか報奨金が貰えるとか、そんなのがあったのでしょうか?

それか、駒ケ岳ってつけると、どれだけしょぼい山でも、それなりにかっこよくなるとでも思ったのでしょうか?

まあ、山の名前なんてどうでもいいんでしょうね。きっと。

「野口五郎岳」などという、ふざけた名前の山もあるし。

ちなみにこの「野口五郎岳」、野口五郎にちなんで名前がつけられたのではなく、野口五郎のほうが、芸名をつけるときに、この山の名前をパクったそうです。

これから地図を見るときは、山の名前にも注目してあげてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

ホットカーペット

私の部屋に、ホットカーペットを引きました。

ホットカーペットの上に座っていると、まず最初にお尻が暖かくなり、そして体全体が暖かくなる感じがして、なかなかいいです。

しかし、ホットカーペットの上に座っていると、なぜか便意(大きい方)をもよおす回数が多くなるような気がします。

便秘に悩んでいる方には、意外にお薦めかもしれません。

(汚い話ですみません。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

センター試験の前の夜

妹は、明日の試験のために、今日は早く寝たようです。

そういえば私も、センター試験の前の日は、地理などの勉強がまだ終わっていないにもかかわらず、

「たくさん寝たほうが明日はいい点が取れる」

という根拠の無い自信を持って、11時頃に布団に入ったのを覚えています。

案の定、全く眠れませんでした。

私は、普段は寝つきがすごくいいのですが、何かイベント事の前になると全く眠れなくなる、ノミの心臓の持ち主です。

センター試験の前の日も、私は「羊が1匹、羊が2匹、・・・」と数えたのですが、全く効果がありませんでした。

『なぜ羊を数えたら眠れるのだろう?』

『何でそんなに羊がいるんだろう?』

『なぜ、馬やトラやパンダでなく羊なんだろうか?』

『「羊が1匹、羊が2匹・・・」って、いちいち「羊が」って言い直すより、「羊が1匹2匹3匹・・・」って数えたほうが効率いいのでは?』

など、いらぬ邪念がたくさん頭に浮かび、よけいに眠れなくなりました。

そのとき、私は高校の先生に、

『センター試験の前の日は、早く布団に入って、「今、日本全国に緊張して眠れない奴がたくさんいるんだろうな」、「今、まだ必死こいて勉強してる奴がいるんだろうな」と考え、心理的に自分がそういう人たちより上に立った気分になって寝ろ』

みたいな事を言われたことを思い出しました。

ためしにそれをやってみると、確かすぐに眠ることが出来ました。

優越感で寝るなんて、なんかいやな人間ですね。

妹がどんな方法で寝たのかは知りませんが、私から一つアドバイス。

  「羊が一匹・・」はやめといたほうがいい

ちなみに有線放送には、永遠と「羊が1匹、羊が2匹・・・」と唱え続けてくれるという、あまり需要が無さそうな放送があるそうです。

そんな放送、いったい誰が聞いているのでしょうか?

でも一度、聞いてみたい・・。

(その放送、「羊が999匹」までいくと、何か面白いことを言ってくれるという噂が・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

影ながら応援

明日、私の妹が、センター試験を受けます。

家族には、私がこのブログをやっていることを教えていないのですが、(もしかしたらもう知っているかもしれないけど)ここで影ながらエールを送ろうと思います。

妹よ。前の日は早く寝てください。

そして、頑張れ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

魅力的な日本語

コンピュータに翻訳をしてもらうと、とても面白いですね。

英語から日本語に翻訳する翻訳機で、英語の歌詞を翻訳してみました。

その翻訳した日本語は、日本語の崩れ加減がとてもいい感じなのです。

ためしに、私が好きなコブクロの歌詞の英語の部分を翻訳してみました。

「同じ窓から見てた空」という歌の、歌詞の一部です。

Feel easy just seeing you sometimes.
Feel comfy just being with some time.
Only a few minutes are enough to
bring us back those good old days.

歌詞カードに書いてある歌詞の意味はこうです。

時々会えれば それでいいんだ
一緒にいるだけで 解り合えるんだ
ほんの僅かな時間で僕等は.
いつだってあの頃に 戻れるのだから

昔の友達を懐かしむ、すごくいい歌詞です。いいですね。

この歌詞を、Yahoo!の翻訳機にかけてみました。その結果がこうです。

ちょっと時々ではまたて、簡単であると感じてください。
ちょっと若干の時間であって、快適であると感じてください。
2、3分だけは、後ろに我々にそれらの古き良き時代を持ってくるのに十分です。

台無しです。なんだこれは。「またて」って何だ。なぜそんなに感じないといけないんだ。古き良き時代は、2,3分だけなのか。

コブクロの歌の特徴である、青春的な良い歌詞が、中国人がしゃべるカタコトの日本語のようになっています。青春もへったくれもありません。

コブクロの二人も、この訳には激怒することでしょう。

ちなみに、このYahoo!翻訳には、こういうことわりが書いてありました。

機械翻訳では、翻訳結果がこなれた表現にならなかったりすることもありますが、外国語でのライティングや文書やウェブページの大意の把握に役立ちます。

翻訳結果がこなれた表現になっていないことは、いちいち言われなくても結果を見る限り明らかです。

あと、大意の把握に役立ちますと書いてありますが、あの翻訳結果では、大意の把握もままなりません。

全然だめじゃん。

ただ、この崩れた日本語は、普通の日本人には書けません。やはり、Yahoo!翻訳は天才です。

他にも、これからいろいろな英語の文章を、翻訳機にかけてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

昼のライバル

お昼の番組、「笑っていいとも」と「おもいっきりテレビ」。

どちらも長寿番組で、昼の番組のライバル同士です。

さぞかし、タモリとみのもんたは仲が悪いのでしょう。

しかし、この二人、なんと誕生日が同じなのだそうです。(8月22日)

すごい偶然ですね。

他に8月22日が誕生日の有名人は、

菅野 美穂(女優)、羽野 晶紀(女優・和泉元彌夫人)、なべ やかん(タレント)、セルゲイ・ブリン(google創設者)、鄧 小平(中国元国家主席)、レニー・フェンシュタール(映画監督)、米原 雲海(彫刻家)、

などです。知らない人もいますが。

8月22日というのは、本当に多種多様の人材を生み出す日のようです。

8月22日が生み出したカリスマ、タモリさんとみのもんたさんには、これから仲良くやっていってもらいたいですね。

いつかTVで、この二人の、番組を超えてのツーショットが見ることが出来る日を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月17日 (火)

ほうとう?

今日、大学の学食で、「ほうとう」なるものを食べました。

ほうとうとは、太い太いうどんの麺みたいなものが、かぼちゃなどの具と一緒に入っている、簡単に言えば、どろどろのうどんです。

もともと私が好きではないのか、学食のおばちゃんの料理の腕が悪いのかわかりませんが、とにかく今日食べたほうとうは全く私の口には合いませんでした。

まず、「ほうとう」という名前が何だかわからない。

この料理を知らない人がこの言葉を聞いても、絶対に麺料理だとは想像がつきません。

食べ物というより、何か新種の文房具みたいな名前です。(よくわからないですが)

これから、「ほうとう」という食べ物に出会ったら、みなさんも、なぜこんな意味不明な名前がつけられたのか、「ほうとう」の歴史に思いを馳せながら、味わってあげてください。

ちなみに食堂のほうとうは、量が少ないのに300円という高値でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

死霊の盆踊り

「死霊の盆踊り」

私はこの映画が今すごく見たい。

某映画レビューのページでぶっちきりのワースト一位、ハリウッド史上最低といわれているこの映画を、一度見てみたいのです。

映画のレビューも散々。「人が作ったとはとうてい思えない」とまで書かれています。

「死霊の盆踊り」というタイトルも、どうやらたいそういいかげんにつけられたようです。

いつかレンタルビデオ屋さんで、この映画に出会えることを信じて、今日は寝床につきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

新しい毛布

今年から、私の布団の毛布が新しくなりました。

非常にふさふさで、寝ていてもとても暖かく、心地よい眠りを得ることが出来るようになりました。

私は祖母からこの毛布をもらいましたが、どうやら非常に上等な毛布のようです。動物の毛であろうものがいっぱい生えています。

ただ一つ疑問に思ったことがあります。この毛の持ち主であった動物は、いったいどうなってしまったのでしょうか?

私が快適な眠りを得ることによって命を落とすことになったのであれば、謝ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コナン52巻

前にも書きましたが、また新作コナン、52巻を購入してしまいました。

いつまで買い続けなければいけないのでしょうか?

この漫画が終わる気配は、まだ全くありません。

まあでもこの52巻、面白かったから良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キムチ

スーパーに行って、衝動買いでキムチを買ってしまいました。

ものすごく大きいやつを。それほど好きでもないのに。

キムチって、賞味期限が以上に短いですね。

買ってしまった後に気づいたので、非常に後悔しました。

仕方が無いので、明日からキムチ付けの生活を始めたいと思います。

まずは、キムチをパンにはさむところから始めたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

電動歯ブラシ

最近私は、電動歯ブラシを使い始めました。

理由は、歯磨きの時間が大幅に短縮されると聞いたからです。

確かに、電動歯ブラシで歯を磨くと、なんか口の中が必要以上にきれいになったような気がします。

しかし、この電動歯ブラシ、かなり小刻みに振動しているので、本当に歯が磨けているのか、私もかなり疑問を持っています。

電動歯ブラシで歯を磨くと、歯を磨いているというよりも口全体をただ震わせているだけのような感じがします。

まだ使い始めたばかりなので、電動歯ブラシの効果はまだわかりませんが、もし虫歯などが出来た場合は、またこのブログで電動歯ブラシを酷評したいと思います。

それまでは、とりあえず「電動歯ブラシはいい感じである」と言っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

すごいエアコン

私の家についているエアコンは、ポンコツです。

設定温度を28度とかにしても、部屋の中がまったく暖かくなりません。エアコンをつけていても、部屋の温度と廊下の温度が同じくらいです。

にもかかわらず、このエアコンは、起動するときに

「ブフォッ、ブフォーン」

とすごい音を出して、運転中もずっと

「ブウォーン」

となかなか迫力ある音を出してくれます。

しかし、部屋は暖かくなりません。

例えるならば、見た目はインパクトがあるが、中身が伴っていない曙のようです。

理科の授業で、暖かい空気は上のほうに、冷たい空気は下のほうに行くと聞いた覚えがあります。

しかしなんと、このエアコンは暖かい風を上に向かって出しているのです。

これによって部屋の上のほうは確かに暖かくなりますが、座っていたりすると全然暖かい空気がこないのです。

エアコンを作る人は、素人でも知っている理科の常識を知らなかったのでしょうか?

だんだん腹が立ってきました。

よく見るとエアコンの色も灰色で覇気がなく、このエアコンを見ているだけでもなんかむかついてきます。

ものすごくエアコンを殴りたいですが、そんなことをすると大家さんから敷金が返ってこないので、我慢します。

タイマー機能なんかもついていますが、そんな機能をつけるよりもっと部屋をあったかくすることに集中してほしいです。

ただ、私はこのエアコンと、大学を卒業するまで一緒に生活するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

ちびまるこちゃん実写化

アニメ、ちびまるこちゃんが実写化されることがわかりました。

ちびまるこちゃんのイメージが崩れるのではないかと私は心配しています。

たぶん見ませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

ウイニングイレブン

私は、ゲームはあまり好きではありません。

しかし、サッカーゲーム、ウイニングイレブン9だけは別格です。

サッカー好きの私の目線から見ても、このゲームは本物のサッカーをかなり忠実に再現できています。

友人などと一緒に遊べるからかどうかは自分でもわかりませんが、、とにかくこのゲームは面白い。

今、私が作っているチームには、

FW アンリ、F.トーレス、ロナウド、オーウェン、

MF C.ロナウド、ルーニー、フレブ、ジェラード、ロナウジーニョ、カッサーノ、

DF ファーディナンド、ロベルトカルロス、ネスタ、サネッティ、

GK ブッフォン、カシージャス、

と、有名選手ばかりいて、レアルマドリードにも引けを取らないくらい、金満チームです。

今悩みは、中心選手ロナウジーニョが全治35週間の大怪我をおって、戦線を離脱していることです。試合中にピッチに倒れこんで動けなくなってしまいました。

ロナウジーニョが早く戻ってきてくれることを、私は初詣でお願いしました。そのために126円もお賽銭を入れました。きっと願いが叶うことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

男たちの大和

成人式をすっぽかした私は、映画を見に行くことにした。

見るのは、「男たちの大和」。

映画を見終わった後、私は立ち上がれなかった。それくらいこの映画は、私にとってショッキングであった。

まだ映画館でやっているので詳しい内容は言えないが、みていて非常につらかった。かわいそうな場面も非常に多かった。

戦艦大和とアメリカ軍の戦闘機との戦いでは、20歳にも満たない少年たちが次々と撃たれて死んでいった。見ていて泣かずにはいられなかった。

この映画を見ての私の感想。

「戦争は絶対にしてはいけない」

ありきたりな感想だが、この映画を見るとそう思わずにはいられない。本気でこのように思った。

これはいい映画だった。見てよかった。

ただ見ていてかわいそうで辛いので、「もう一回この映画を見ろ」といわれると、少しためらってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

楽しかった成人式

今日は、私の住む地で成人式がありました。

行きませんでした。

理由は簡単。はげたオヤジが偉そうにしゃべる話を聞かないといけないから。

やつらは、「君たちはもう大人の仲間入りだ。」とかぬかすのでしょう。

そんなもんを聞くくらいなら、映画でも見にいくほうがよっぽど人生のためになります。

というわけで、反町君や獅堂君もでている「男たちの大和」。お勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

初詣のおみくじで、凶を引いてしまいました。

私は凶のおみくじなんて初めて見ました。

「凶」。

いかにも悪いことが起こりそうな響きがします。

引いたおみくじをよく読んでみると、どうやら私は今年、病気になってしまうようです。

病気になると、このブログも途切れることになってしまいます。

もしこのブログが途切れたら、「あっこいつ病気になったな」と思ってやってください。

そして笑ってやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

名探偵コナン

私は、漫画が嫌いで、家に漫画がほとんどありません。

しかし、一種類だけ買い続けている漫画があります。

「名探偵コナン」です。

私の家には、1巻から51巻まで、すべてがそろっています。

それ以外の漫画は持っていません。

最初は、適当に古本屋で何冊か買い始めました。だんだん私の家にコナンの漫画の数が増えてきました。

しかし30巻くらいまで買い続けると、買うのを辞めるに辞められなくなりました。辞めるのがもったいなく感じて。

そして、結局ここまで買い続けています。

多分これからも、「名探偵コナン」が最終回を迎えるまで、私はこの漫画を買い続けることでしょう。

そしてこの漫画が終了したら、1巻から最終回まで、いっぺんに古本屋に売ってしまうでしょう。

みなさんも、なにか辞めるに辞められないことがあると思います。それはスパッと潔くやめた方がいいです。

さもないと、泥沼にはまっていきますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月 3日 (火)

ブログの隙間

ブログ開設以来、毎日欠かさず書いていたブログが、遂に途切れてしまいました。

私もショックです。

しかしこれは私のせいではありません。時の流れが早すぎたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとうミハエル・シューマッハ

F1でもっとも成功したドライバーと言えるミハエル・シューマッハが、3日に37歳の誕生日を迎えました。

シューマッハはこれまでに7度のワールドタイトルを獲得し、84勝を挙げ、表彰台獲得数は142回を記録。さらに、グランプリ参戦数は232戦、獲得ポイントは1248点、ファステストラップ69回、ポールポジション64回を獲得するスーパーマンです。

ミハエル・シューマッハの折り紙の師匠である私も、このニュースにはとてもうれしく思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年

新年あけましておめでとうございます。

しかし、何がおめでたいのか私にはわかりません。

まあともかく、これからもこのブログをご贔屓賜りますようよろしくお願いいたします。

・・・ひいきって、こんな字書くんですね。やっぱりパソコンは賢い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »