« 12月 | トップページ | 12人の優しい日本人 »

2005年12月 1日 (木)

中間テスト

今日、大学で教養科目の授業がありました。

そこまでは別におかしなことではないのですが、今日その講義がある教室にいくと、なにか雰囲気がおかしい。

先生が、なにやら大きな紙を教室の入り口で配っています。どうやらレポート用紙のようです。

授業が始まると、フランシスコ・ザビエルと同じ髪型の先生が第一声を発しました。

「今から中間テストをします」

はあ。聞いてないし。と私は思いました。その私の疑問には気づかず、ザビエルは先へと進んでいきます。

「今までの授業の中で、一番印象に残ったことを書いてください」

一番印象に残ったのは、お前の髪型や と私は思いました。しかし、そんなことは書けないので、違うことを書くことにしました。

まあそんなに難しくは無かったので、ほっとしながらテストにとりかかったのですが、さらにザビエルが私の邪魔をします。

ザビエルはテストの間、必要以上にうろうろと歩き回るのです。私はとっさに、あることが頭に浮かびました。

ザビエルは私にキリスト教を勧めようとしているのではないか?

私は身の危険を感じ、さっさとテストを終わらせて、間一髪で教室を飛び出しました。

教室を出るときにザビエルに呼び止められることも無く、私の無宗教、無信仰は貫くことが出来ました。よかったです。

ぶっちゃけ、別にキリスト教でもよかったけどね。クリスマス好きだし。

|

« 12月 | トップページ | 12人の優しい日本人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/766/50228

この記事へのトラックバック一覧です: 中間テスト:

« 12月 | トップページ | 12人の優しい日本人 »