« セレソンの三角関係 | トップページ | 今世紀最大の笑い »

2005年11月29日 (火)

チキンカツ弁当スペシャル

今日の晩ご飯は、カレー屋さんで弁当を買って食べることにしました。

弁当の名前は、「チキンカツ弁当スペシャル」。

とても偉そうな名前です。スペシャルだって(笑)。

それはともかく、どのあたりがスペシャルなのか調べるため、家に帰ってすぐにその弁当を開いてみました。

この弁当は、カレーとご飯やカツが別容器に分かれていて、ご飯やカツをカレーの中に入れて食べるという形でした。弁当なのに、少しめんどくさいこの食べ方に、私はスペシャルさを感じました。

次に、量が多い。値段の割には、ものすごく量があって、なんというか、すごくスペシャルでした。

あとは、普通の弁当でした。ノーマルでした。

ごちゃごちゃ言ってても仕方がないので、食べることにしました。食べてみると、これまたびっくり。一言で言うと、

「辛」。

このカレー屋は加減を知らないのでしょうか。激辛でした。スペシャルでした。あのカレー屋は何を考えているのでしょうか。

一口、口の中に入れると、唾液がすべて吸い取られるような感じです。

ここから、私と、なんとかスペシャルという名前のカレーとの戦いが始まりました。20分強の激しい戦いの末、私が勝利することが出来ました。辛勝でした。辛いだけに。

このスペシャルな弁当を食べ終わったときには、2リットルのペットボトルのお茶を飲み干していました。

結論から言うと、確かにスペシャルでした。すごかったです。尊敬です。

明日、新しいペットボトルのお茶を買いに行こうと思います。

あと、私はもう二度とあのカレー屋には行きません。

|

« セレソンの三角関係 | トップページ | 今世紀最大の笑い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/766/43481

この記事へのトラックバック一覧です: チキンカツ弁当スペシャル:

« セレソンの三角関係 | トップページ | 今世紀最大の笑い »